カフェインのとりすぎに気を付けよう

毎日何気なく口にしている飲み物・・・

皆さんは毎日何をどのくらい飲んでいますか?

水、コーヒー類、お茶類、ジュース類‥等いろいろな種類がありますね。

ジュース類は砂糖が多く含まれているので飲み過ぎないように

気を付けている方も多いと思いますが、

もうひとつ飲み物と摂る際に気を付けてほしいのがカフェインの量です。

カフェインは眠気を覚まし、集中力を高めることが様々な実験で明らかに

されておりますが、デメリットを知っておくことも大切です。

最近、エナジードリンクからカフェインを多く摂取したことが原因で

男性が亡くなり、カフェインのデメリットである

不眠や不安、手足の震え、動悸、胸やけなどの副作用が

注目されるようになってきています。

カフェインの過剰摂取について〈農林水産省〉

亡くなられた方がいることは珍しいことですが、カフェインの摂り過ぎにより

不眠や精神的な不安定に結びつくことは多く、

カフェインが影響していることがわからないままに悩みを抱えている方が

多くいらっしゃることを、栄養カウンセリングの話を聞く中で感じています。

国民健康・栄養調査( 日本人の健康や栄養の大規模調査 )においても

睡眠で十分に休養がとれていないと感じている人が20.2%となっており、

日々の睡眠に何かしらの悩みを抱えている人が多いことがわかります。

不眠の原因は多岐にわたり、カフェインだけの影響ではありませんが、

日々ご自身がカフェインをどの位摂取しているのかを把握しておくことは

大切です。

ヨーロッパ食品安全機構によると健康な大人の場合一度に摂取するカフェインの

量が200ミリグラムまでなら問題がないとしています。

そして睡眠前に100ミリグラムを超えるカフェインを摂取すると不眠の症状が

あらわれる可能性があることも指摘しています。

最近は、カフェインが多く含まれるコーヒーがコンビニでも美味しく、

気軽に飲めるようになり、 コーヒーの消費量 が拡大傾向にあります。

体質によりカフェインの感受性も異なるので人それぞれに適量がありますが、

睡眠や精神不安に悩みを抱えている方は、毎日ご自身がどのくらいの

カフェインを摂取しているのかを一度確認してみることをお勧めしています。

〈飲み物100mlに含まれるカフェイン量〉

コーヒー 60mg

紅茶 30mg

煎茶 30mg

ウーロン茶 20mg

ほうじ茶 20mg

番茶 10mg

関連記事

PAGE TOP