リバウンドしないダイエット③~目標体重を決める~

体重は毎日計るようにしていますか?

栄養カウンセリングにいらしてくださる方の中には

自分の今の体重に目を背けたくなり、計るのを避けている方や、

また、数カ月計らないで久しぶりに計ってみたら

驚くほど体重が増えていた方も多いです。

10歳代半ば~後半をピークに基礎代謝量(寝ているだけで消費するエネルギー)

が低下していくので運動を日々していたり、活動量の多いお仕事などを

していないと筋肉量が低下し、活動量も少なるので、

若いときと同じ感覚で食事をしていると体重が増えてくる傾向にあります。

体重を毎日計ることから始めてみよう

ダイエットのカウンセリングではまず、毎日同じタイミングで

体重を計ることを約束しています。

体重を計るのを続けるだけで、体重を増やさないように意識が向くので

いつもなら気にしないで食べていたものを控えるようになり

体重が減ってくる方も多くいらっしゃいます。

無理のない目標体重もイメージに置く

体重を意識するようになったら、ダイエットの目標として、

いつまでに何キロになるかも、無理のない範囲で決めるようにしましょう。

目標体重の決め方は一般的にはBMI値をもとに算出します。

BMIは体重と身長からヒトの肥満度を示す体格指数で

体重÷(身長(m)×身長(m))で算出します。

例:体重60キロ 身長160センチの方の場合

  60÷(1.6×1.6)=23.4

日本肥満学会では、BMI値が18.5~25未満の場合を標準体重とし

25以上の場合を肥満、18.5未満である場合を低体重としています。

BMI値から逆算すると理想体重を算出することもできます。

例:身長160センチの方

1.6×1.6×19~24(BMI値)=48.7~61.4

BMI値での標準体重の幅が広く明確な設定ができない場合には

体重が増えていく前の体重もその方にあったベスト 体重であることも多いので、

2つを参考に決めると無理のない目標体重を設定することができます。

現状を把握して、無理のないゴールを決めると自然と意識が

痩せる方向に向かっていきます。

1か月後には、1キロ減っているといいな、

半年後には5キロ減っているといいな、

そんな具体的な目標体重をきめて、痩せた自分がしたいことや

綺麗になった自分をワクワクとイメージしながら

等身大の自分ができることを探していきましょう♪

関連記事

PAGE TOP