風邪を引いたとき、風邪気味のときに~りんご葛~

風邪気味とのき、我が家でよくつくるのがりんご葛です。

りんごとレモンの甘酸っぱさが、だるさを感じる体を少し元気にしてくれるし、

とろみのあるものは、胃の中での停滞時間が長いので、食べたあとも

ぽかぽかと内臓を温めてくれます。

葛粉は、風邪薬で知られている葛根湯の主成分としても有名ですが

発汗、消炎、解熱などの薬効があります。

また、動物実験では胃腸の動きを改善する効果も認められているので、

風邪をひきそうなとき、暴飲暴食が続いて胃腸を休めてあげたいときの

養生食として常備しておくと良いと思います。

 りんご葛の作り方

〈材料 作りやすい量〉

りんご 1個

りんごジュース(ストレート) 500㏄

葛粉 大さじ2.5

塩  少々

レモン汁 大さじ1~

〈作り方〉

①りんごを8等分のくし切りにしてから1㎝厚さに切る。

②鍋に葛粉、塩、りんごジュースをいれてよく溶いてから、りんごもいれて中火にかけてよく混ぜながら煮ていく。

③沸騰してから1分ほど煮たら、レモン汁を加えて火を止める。

温かいうちに食べるのが一番ですが、冷たくしてももったりとしたゼリーのようになって美味しく食べられます。風邪のときだけでなく、おやつもしてもおすすめです。

関連記事

PAGE TOP