妊活に必須の栄養素、ビタミンD~肉より魚を意識して食べよう~

魚よりも肉の方が料理をするのも、献立を考えるにも楽で、

魚よりも肉を食べる頻度が高くなってしまう・・・

というご家庭多いのかなと思います。

〈魚大国ニッポン〉とよばれていた時もありましたが、特に若い世代を

中心に魚離れが進んでおり、昭和40年には年間一人当たりの肉の購入量が

6㎏↠12㎏と2倍に増え、魚介類は16㎏↠12㎏と緩やかに減ってきています。

総務省家計調査年報生鮮魚介類と生鮮肉類の世帯員1人1年あたりの購入量の推移

妊活に必須の栄養素、ビタミンD

魚に多く含まれている栄養素で妊活に大切な栄養素がいくつかありますが、

その1つがビタミンDです。

ビタミンD は骨の形成に必要な栄養素として有名ですが、

妊娠にも深く関わっており、受精卵が着床して胎盤が形成される

のをコントロールする役割をもっています。

不妊の原因は様々ですが、ビタミンDが不足してしまうと受精卵が着床しにくく

不妊や流産となる可能性が高まるので、積極的に摂取していきましょう。

ビタミンDの摂取量としての目安としては、

ある一定の栄養状態を維持するのに十分な量としては1日に5.5μg、

健康障害をもたらすリスクがないとされる習慣的な摂取量の上限量は50μgです。

〈魚介類のビタミンD含有量〉

銀鮭 大きめ一切れ(100g) 15.0㎍

さんま 1匹(100g) 14.9㎍

めかじき 1切れ(100g) 12.0㎍

ぶり 一切れ(100g) 8.0㎍

しらす 大さじ2杯(10g) 4.6㎍

ご覧いただいてわかるように、1日に1種類魚を食べるように

意識することでビタミンDの目安量は摂取できるようになります。

しらすは手軽に食べれて常備できる食材でもあるので、

魚を毎日食べることに難しさを感じている方は、しらすを1日大さじ2杯分

食べることから始めるのも良いと思いますし、夕食のおつまみとして

刺身をプラスしてみるのもおすすめです。

ビタミンDは魚以外にはきのこに多く含まれていて、

特にきくらげ(茹で100gに8.8㎍)、まいたけ(100gに4.9㎍)

が多いのでこれらの食材もおすすめです。

きのこもオリーブオイルとにんにく、塩で炒めるだけでも

美味しいご馳走になります。

魚をさばくところからと考えると億劫になりますが、

手軽に摂れるものをリストアップして毎日少なくても5.5㎍以上摂取

をして、妊娠しやすい体づくりをしていきましょう♪

関連記事

PAGE TOP