妊活に必須のビタミンD、冬の不足に気をつけよう

前回のブログに妊活にビタミンDが大切なこと、ビタミンDが多く含まれている

魚やきのこを意識して食べることを書きましたが、

実はビタミンDは太陽の光を浴びることでも体内で合成される栄養素です。

どのくらい日光を浴びていたらいいの?

1日に必要とされるビタミンD(5.5㎍)を体内で合成する場合、

どのくらいの時間太陽光に浴びるとよいのかを場所、季節や時間を考慮して

求めた研究があります。国立環境研究所HPより

12月の晴天の12時では、

沖縄県那覇市で7.5分

茨城県つくば市で22.4分

北海道札幌市で76.4分

7月の晴天日の12時には、

沖縄県那覇市で2.9分

茨城県つくば市で3.5分

北海道札幌市で4.5分

*両手・顔を太陽光に露出したと仮定した場合

沖縄のような太陽からの紫外線が強い場所では、少しの時間日光浴するだけで

体内でのビタミンDの合成が行われますが、北海道のような高緯度に位置する

場所だと紫外線からのビタミンD合成するためには長時間の日光浴が

必要になります。(美肌対策として日焼け止めを塗っている場合にも、皮膚から

のビタミンDの合成は塗らないときに比べ5%に落ちてしまいます)

冬場は紫外線量が少なくなる時期なので、

意識してビタミンDの多い食品を摂るようにして不足しないようにしましょう。

関連記事

PAGE TOP