どんなうんちが理想?

皆さんはうんちをした時、流す前にうんちの状態確認していますか?

正常のうんちかどうかの判断基準として

1997年にイギリスのブリストル大学、 ヒートン教授によって発表された

『ブリストルスケール』と呼ばれる表があります。

ブリストンスケールとは

便の形状・色・大きさを元に7段階に分けられており、

医療の場でも広く使用されている表です。

Luke J O’Donnell, et al. Detection of pseudodiarrhoea by simple clinical assessment of intestinal transit rate. The BMJ. 1990;300(6722):439-440. より作成 国立がん研究センターHPより

私も毎日見るようにしていますが、

雑穀入りの胚芽米ごはんとみそ汁、ぬか漬けをしっかりと食べているときには

4や5のような正常な便が出ますが、外食が続いたり、野菜が少ないと

便秘傾向に、アルコールをとると下痢気味になったりと

観察すると日々の食べ物を振り返るよい機会になっています。

よいうんちが出たときは、身体もすっきり調子がいいなーと感じます。

便は身体からの便りという言葉もあるように、

よいうんちを出すことが、日々の健康を保つための1つの指標になります。

うんちを観察しながらご自身の健康管理おすすめです♪

関連記事

PAGE TOP