妊活に大切な葉酸、旬のいちごからたっぷりとろう

いちごが美味しい季節です。

いちごの本来の旬は4~5月にかけての春の時期ですが

今はハウス栽培で育てられているので旬も早まっているようです。

農家さんのお話によると畑にまだ養分が沢山あり、

昼間と夜の温度差が大きい時期の1月から2月がもっとも甘くなり美味しいとか。

ビタミンCが豊富なことで有名ないちごですが、

妊娠初期の胎児の成長に大切な葉酸も多く、100g中90㎍含まれています。

妊娠初期1日に食事から240㎍(サプリメントからの合成葉酸で400㎍も必要)

の葉酸をとることが必要になりますが、いちごを中サイズ10個食べることで

必要な量の約半分の136㎍もの葉酸をとることができます。

その他に葉酸の多い果物は

◎ライチ7個(約100g) 葉酸100㎍

◎マンゴー 小1個(約100g) 葉酸84㎍

ライチやマンゴーは冷凍で購入することができるので、

冷凍庫に常備して、おやつや食後のデザートにいいですよね。

手軽で美味しく食べれるものからも葉酸をとることができるので、

意識して積極的に摂っていきましょう♪

関連記事

PAGE TOP