食料の備蓄にはまず米を。

コロナの感染者が日に日に増え、これから東京は首都封鎖になるのでは・・

という話が広まっています。

首都圏にお住まいの方は首都封鎖でどのような状況になるのか、明確にわからず

食料の買いだめをされている方も多いのではないでしょうか。

コロナの怖さで、私たちの身体はいつもよりも緊張していたり、

思うように過ごせないことでイライラしていたりと

ストレスをいつも以上に感じています。

非常事態の時、私たちの身体はより多くのの栄養を必要とします。

このような時だからこそ、ビタミンやミネラルの多い食事が必要です。

非常事態に備えたい備蓄食品とは・・

備蓄食品というとレトルト食品、インスタント食品をまず購入される方が

多いのかなと思います。これらの食品は手軽で何も加えなくても

美味しく食べることができるのでよいのですが、その反面脂肪が多くて

身体の調子を整えるビタミンやミネラル、食物繊維があまり含まれていません。

まず常備するべきは米!

もし非常事態が起きて食材があまり手に入らなくなった時にも

まずしっかりと食べていただきたいのが米です。

私たち日本人にとって当たり前すぎて、米の大切さを考えることがなくなって

きていますが、インスタントの麺類を多く摂ると体に炎症を

起こしやすくしてしまう質の悪い脂肪の摂取量が大幅に増えてしまいます。

免疫力を低下させないためにも、

質の悪い脂肪の摂取を極力控えていくことが必要です。

その点、米は水だけで炊けて低脂肪ながらエネルギーをしっかりと摂れて、

また、塩と焼きのりがあればおにぎりも簡単に作ることができますね。

備蓄には、レトルトのカレールーなどもありますが、

炊き込みご飯の素を色々種類を揃えておくのも

摂り過ぎになりやすい脂質を抑えながらごはん生活を楽しむのにおすすめです。

胚芽米や雑穀などのビタミン、ミネラル豊富な穀物を常備

そして、可能であれば白米ではなく、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む

胚芽米や発芽玄米にしたり、白米ベースでももち麦や雑穀米などを入れたりして

より多くの栄養素を摂れるようにしましょう。

餅も保存食におすすめ!

また、保存食品として餅もおすすめです。餅も低脂肪ながら簡単に食べることが

できます。インスタントのお味噌汁に焼いたお餅を加えてお雑煮風にされるのも

美味しいです。餅も米と同じく、玄米餅や雑穀入りの餅があるので、できるだけ

より多くのビタミン、ミネラル、食物繊維を摂れるようにしていきましょう!

関連記事

PAGE TOP