夏の葉酸補給に枝豆!

妊娠のごく初期の胎児の成長に大切な葉酸。

春であれば、菜の花やアスパラガス、ブロッコリーに多く含まれていますが、

夏野菜だと枝豆やモロヘイヤ、ゴーヤ、レタス類に多く含まれています。

この中でも塩ゆでするだけで美味しく食べられる枝豆は

楽ちんでいいですよね。

枝豆の栄養

枝豆は大豆になる前の成長途中の豆です。

畑の肉とよばれている大豆ほどのたんぱく質は含まれておらず

豆と緑黄色野菜の中間点の栄養素をもち、大豆には含まれていない

ビタミンCやβカロテンも含まれています。

野菜の仲間になりますが、野菜にはあまり含まれていないたんぱく質も

適度に含まれ、ビタミン&ミネラルも多いので、食欲の落ちがちな

夏場の栄養補給におすすめです。

枝豆の美味しい茹で方

茹でるときには4%の塩で茹でると程よい塩加減になります。

1ℓに対して40g(大さじ3杯弱)を用意し、

枝豆を袋から出したら、水洗いをして水気を切り

塩を全体にまぶして、1ℓのお湯で塩をつけたままの状態で

5分ほど茹でたら出来上がりです。

*お好みで茹で上がりに塩をふってください。

冷凍の枝豆も美味しいですが、旬の時期の茹でたての枝豆は

食感も香りもとてもよく格別です♪

関連記事

PAGE TOP