食べた後の心地よさ

食べた後に、食べ疲れをしてしまう時と

元気が出てくるときってありませんか??

私は胃腸がもとからあまり強い方でないこともあって、

美味しそう!と思って食べてみたけれど、

食べ疲れしてしまう時があります。

栄養相談をしていても、筋肉質で大柄の人は消化力が強く、

食べ物による体調の変化を感じにくく、

やせ形の人は食べ物による影響を感じやすいな~と思います。

日々健康情報で身体によい食べ物の情報や美味しそうな料理の

映像が目に入ってきますが、

食べたときだけの満足感ではなく

食べた後に食べ疲れをしない、元気が出てくるような食事を日々

していきたいですよね。

ゆったりとした環境でよく噛んで食べよう

胃腸の弱いタイプの人に特に気を付けてほしいのが、

何を食べる、ということも大切ですが、食べたものが

ちゃんと消化されるようにしていくことです。

そのためには、ゆったりとした環境でよく噛んで食べることが

とても効果的です。

私も以前はあまり噛まないで食べていたのですが、

よく噛むようにしたら胃もたれが減り、下痢気味だったうんちが

バナナうんちに変わりました!

何を食べるか、も大切ですが、消化よく食べるにも

ぜひ目を向けてみてくださいね。

関連記事

PAGE TOP